複数時間足のインジケータを1画面表示する(MT4)
スポンサーリンク

概要

現在表示している足よりも長い期間のインジケータを同時にみることで、
長期スパンの傾向を併せて見て売買の判断条件にしたりします。
Multi Time Frame とか言われるやつです。

前回、MT5で期間の選択肢が広がったことを記載しましたが、
そういえば過去に(といっても6~7年前に)、MT4で複数時間足表示用の
インジケータを作成していたことを思い出したのでご紹介したいと思います。

QQE(Quantitative Qualitative Estimation)

RSIをベースとした指標で、2本の線を使用します。

  1. RSI
  2. RSIの指数平滑移動平均値(EMA)の変化量の、EMAのさらにEMA を算出したような、そんな値を利用したRSIの遅行線のような線。

MACDのように、2本の線がクロスした方向と、その時点のRSI値でシグナルとみなします。
RSIが
50未満で 1 > 2 となる方向にクロスすると買いシグナル、
50より大きい値で 1 < 2 となる方向にクロスすると売りシグナル

と判定するようです。が、私はあまり上記に関係なく使いたいように使ってます。

与えるパラメータ次第ですが、MACDより転換点の検知が早い印象です。

スポンサーリンク

QQE(複数時間足)

サブウィンドウ(上)がQQE、
サブウィンドウ(下)がQQEシグナル(複数時間足)です。

赤: 買い、青:売り シグナルの意味ですが、
少し上の足の時間帯で見るか、 RSI Period を大きめにするかすると比較的良いポイントでエントリーできる感覚です。

MT5版

時間足が増えた恩恵もあるので、MT4版の物をMT5版に移行しつつ、
INDICATOR_COLOR_INDEXによって、1インジケータに複数色設定できる点も試したいと思います。

複数時間軸のインジケータを1画面表示する(MT5)

スポンサーリンク
おすすめの記事