EA運用成績(~2020/10/02)

EA運用成績(~2020/10/02)

概要

運用期間: 5週間 現在の利益: 98,252円 利益率:15.30% PF:5.64

直近トレード

所感

2020/8/31に運用開始し、丸1ヶ月が経ちました。

1ヶ月で利益が約100,000円、この規模の証拠金で利益が上がるなら十分かな、という印象です。

全体的にレート変動は穏やかな方で利益は伸びづらかったと思いますが、このくらいのペースが精神衛生上は良いような気がします。

※もっと早く利益を伸ばしたい場合は、パラメータで調整可能ですが、ロスカットリスクも上がります

GBPUSDに関しては主に売り方向で仕掛けていますが、約300pips 上昇する局面があったものの、保有したナンピンは最大4本。
4本合計で0.22lot (= 2.2万通貨) なので、証拠金の規模に対しては健全な方ではないでしょうか。

VPSを引越しました

証券会社提供の無料VPSをXM社, HF社それぞれで使用していたのですが、上記の通り少ないロットで運用していることから無料枠の条件である月間5lot取引 を下回るようになりました。

利用料金はXM社は(月間28ドル。HF社はシルバープランにしたので月間50ドル)。

得られる利益を考えれば決して高くないので継続使用しても良かったのですが、

  • VPSを2個持つのは面倒だった
  • 普段使用し慣れているAWS EC2上で建てた方が維持費も安い

という理由からVPS環境は自前で用意することにしました。

※Auto trading率 が100%を下回ったのは、引越する過程で一旦ポジション整理したためです。

※私の場合はVPSが2環境あるという面倒さと、元々AWS環境は触っているという前提がありますので、万人向けのベストプラクティスではないかと思います。
しかしEC2構築自体は要件次第では数クリックで完了しますので、決して難しい作業ではありません

EC2構築要件

  • EC2 Windows Server
  • London リージョン
  • t3.micro(2 vCPU, memory 1GB)
  • オンデマンド

取引サーバーまでの通信速度

取引サーバーがロンドンなのでEC2もロンドンリージョンとしました。

レイテンシは10ミリ秒程度。日本からだと250ミリ秒程度なので、十分高速です。

EC2料金(概算)

スペックが無料VPSよりも高いので比較が難しいのですが、

上記条件だとざっくりで 2,000円/月間 でした。

項目 単価 数量 料金(ドル/月間) 料金(円/月間) ※105円/$
EC2 0.021USD/時間 1インスタンス 15.62 約1,640
EBS 0.116USD/月間/GB 30GB 3.48 約365
合計 19.1 2,005

年間契約(リザーブドインスタンス)に切り替えると更に3割程度安くなるので、 1,400円/月間くらいに落ち着くと思います。

何本くらいEAを稼働できるか?

試しにMT5アプリ2件、 EA6本(XM用3本、HF用3本)で運用開始しましたが、ほどよくCPU,メモリを使い切っており、目立った遅延も感じられません。

この低スペックで6本稼働できれば十分です。

スペック不足を感じたらインスタンスタイプを上げれば良いので、この辺りの柔軟さもEC2の良いところですね。

どうしても無料枠を使い続けたい場合

ネックになるのは 月間往復5lotの取引 というポイントだけですので、手動で取引をして基準を満たす という選択肢も考えられますが・・・

エントリ後に即決済としてもスプレッド分の損失が出るため、裁量トレードに自信がある方限定の方法かと思います。

EAは無料でご利用頂けます

上記EAは無料でご提供しています。 もしご興味をお持ち頂けたら、以下のページに概要と申込ページへのリンクがありますので、そちらからお問い合わせ下さい。

※ご不明な点は当ブログのヘッダ部分にある「お問い合わせ」か、上記ページのEAお申込欄からお問い合わせください。

おすすめの記事