EA運用成績(~2020/01/26)
スポンサーリンク

EA運用成績(~2020/01/26)

現在の利益: 1,347,665円 利益率:173.42% PF:2.72

気づけば前回更新から一ヶ月以上も期間が空いてしまいました・・・

年度末(3月)にかけてIT人材は強烈に人手不足のようで、私も様々な企業様からソフトウェア開発やTableauを活用したビジュアル化支援のお話を頂いては対応させて頂いています。
大変ありがたいお話なのですが、自作EA開発やブログ更新がつい後回しになってしまい。。 直近の成績についてお問い合わせ頂いた方々には申し訳ない気持ちでおります。

EAの運用成績の方ですが、気づけば2019年5月の時点からパラメータ無調整のまま完全放置で運用を続け、
直近約1ヶ月は +200,000円弱の利益を確定し、ついに残高(入金額+利益)が 2,000,000円突破しました!!!

利益率から見てわかる通り、ある程度リスクを好んで取って運用していますので、絶対にロスカットしない安全なツールという類のものではありませんが、
リスクに見合う利益は十分出せるようになったと思います。

リスクの高いパラメータで運用する場合は、適宜口座から出金をすることで、利益を完全に確定できます。(ゼロカットルールにより、口座残高以上の追証は発生しない)
少額資金かつ高リスクパラメータで運用し、適宜出金する という運用ルールは、ゼロカットルールを活かした効率的な運用方法ですね。

どんな投資でもそうですが、資本金の大きさと、やり続ける期間が収益に大きく影響しますので、EAでも投資ルールを決めたら継続して運用することが大事ですね。

スワップ問題

円安に向かう方向で売りポジションを徐々に増やし、 円高に戻ったところで何度か利確を繰り返すような動きになりましたが、
一点課題が・・・

以下の画像は直近1ヶ月間の運用成績の画像(一部抜粋)ですが、

ドル円の売りポジションを 最大で10 lot 程度保有した状態でレートが硬直していた期間があったのですが、スワップのマイナスがなかなかエグいことになっていました。
ポジション単体で見た場合、決済した利益がプラスでもスワップを合計するとマイナスになるケースもあり、利用者の方からもロジックの妥当性についてお問い合わせがありました。

私の見解としては、現状仕様のままで良いかなと思っています。

ドル円売りポジションのトータルでは利益が出ているので、このスワップ問題で売ポジション保有をやめる必要も無いですし、
また、スワップ+為替差益がプラスになるタイミングで決済を行うとすると利確タイミングがより遅れることになり、リスク増要因となると思われます。

少々好みが分かれそうな結果ですが、
どうしてもマイナススワップが嫌な場合は、ドル円の場合は買いポジションのみ保有するようにEAのパラメータで設定出来ますので
必要に応じ設定を変更し、ご自身のイメージに近いトレードルールにしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

無料EAをご提供しています

上記EAは無料でご提供しています。 もしご興味をお持ち頂けたら、以下のページに概要と申込ページへのリンクがありますので、そちらからお問い合わせ下さい。

※時々、ページのコメントにお問い合わせ頂くこともあるのですが、確認が遅れてしまうことがあるので、
当ブログのヘッダ部分にある「お問い合わせ」か、上記ページのEAお申込欄からご質問等頂けますと幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事